追い飯付き!麺や厨のスパイスまぜそば食べてきた

 

f:id:gonisi:20170704220906j:plain

ども。カビハイターの臭いが好き系男子gonisiです。

 

いやぁ〜、7月に入っていきなり暑くなったね。

 

もう、くそ暑い。

 

そんな猛暑の日でもやはり麺や厨のラーメンは食べたくなるもの。

でも、余計に暑くなるから遠慮しとくわ〜って人も少なくはないだろう。

 

そんなあなたに朗報です。麺や厨ではなんと...

 

「スパイスまぜそば」の販売が開始されました!

 

スープ飲まない分暑くないぞ。但し辛さによっては結局暑なるがな。

 

注目の新メニュー「スパイスまぜそば」を食べてきたから、今日はその感想を伝えていこうと思う。

 

スパイスまぜそばを食べようか迷ってる人は是非参考にしてくれ。

 

スパイスまぜそばについて

トッピングや値段は以下のメニューの通り。

f:id:gonisi:20170704215438j:plain

 

追い飯がついてくる!!

これは嬉しい。非常に楽しみだ。

ちなみに、追い飯の量は茶碗半分くらいで、少なくすることも可能だそうだ。

 

逆に多くすることもできるようだが、元々メニューにあるライスと同じ量までは多くできないそうだ。

 

もし茶碗一杯くらいご飯が欲しければライス(100円。おかわり無料。)を頼もう。

 

あと、辛さとパクチーの変更が可能だ。

 

辛さは0・1・2から選べるが普通の辛さは1だそうだ。2以上の辛さも設定できる。

 

パクチーは青ネギに変更可能だ。僕は青ネギに変更したから、今回の記事に使われている写真は全て青ネギVerのスパイスまぜそばの写真になっていることをご了承ください。

 

 食べてみた感想

 

f:id:gonisi:20170704220949j:plain

ついにテーブルにスパイスまぜそばが到着し、食べようと器に顔を近づけた瞬間にスパイシーな香りが一気に食欲を駆り立てた。

 

一刻も食べたいという想いがgonisiのまぜまぜを加速させる。

 

高速まぜまぜの結果↓

f:id:gonisi:20170704221043j:plain

 

 

そしてついに、一口。

 

香りの期待を裏切らず、やはりうまい!!

 

麺はうどんに近いくらい太く、コシがある。

うっ鶏そばのふすま入り麺は歯切れの良さが特徴だったが、スパイスまぜそばの麺はその逆。モチモチと弾力のある食感が特徴的だ。

 

更に麺に絡む青ネギのシャキシャキ感がモチモチ食感と組み合わさり、平坦な噛みごたえにならない。

 

個人的には、スープは刺激的な辛さというより、暑くなるようなヒリヒリするような辛さといった感じだ。

それでいて辛すぎない、辣油の辛さとお酢の酸味が良いバランスを保っている。

さらにゴマの香ばしい匂いがまた箸がまぜそばへと引き寄せられる。

 

ミンチはボロボロした食感で、肉の旨みが主張しすぎず、スープの味の深みをより重厚にしている感じだ。

 

メンマはコリコリでほぐれる食感がクセになる。また、メンマの味がくっきりとしていて、辛さで支配されている口の中をリセットするのにちょうどいいのかもしれない。

 

非常に食べ応えがあり、辛さもあいまってついつい夢中で食らってしまう一品だった。

しかし、ここが麺や厨のすごいところで、追い飯用に麺の量が追い飯と合わせて満腹になる量に調整されている。(予想だが)

 

故に、少しお腹の容量を残したまま、追い飯という更なるステージへと進めるのだ。

というわけで、物語はセカンドステージへ...。

 

追い飯

f:id:gonisi:20170704221425j:plain

ついにおまちかね、追い飯登場。

 

このためにスープは多めに残しといたもんね、グフフ。(きもい)

 

さっそく投入。こんな感じ。

f:id:gonisi:20170704221451j:plain

 

f:id:gonisi:20170704221514j:plain

 

スープが少なくなった事とご飯で辛さが薄まった。

 

相対的にお酢のマイルドな酸味が少し前のめりになってきて、この麺の時と追い飯の時で表情が違うとこが面白いと感じた。

 

温まった体がヒートダウンしてきて、まろやかな印象だ。しかししっかり辛さはヒリヒリと残っている。

 

うまかったぜ、追い飯サイコー!

 

一回で二度楽しめる麺や厨のスパイスまぜそば、一度食べてみてはいかがだろうか。

 

また、他のメニューも食べたら感想書くわ。それまでみなさんお達者で、ばいちゃ。